【健康・医療に関する情報提供】 がんの治療法「重粒子線治療」

「重粒子線治療」とは

****************************

「重粒子線治療」はがんの治療法である『放射線治療』の中の粒子線治療のひとつです。

「重粒子」とは、放射線の中で電子より重いもの粒子線といいますが、そのうち「ヘリウム」より重いものを重粒子線と言います。日本では、重粒子線のひとつである炭素線をさします。がん治療においては、陽子の12倍の重さを持つ炭素の原子核を、光速の約70%まで加速して照射します。

 

従来の放射線との違い

****************************

X線など従来の放射線では、からだの表面付近が一番強く、深部に行くほど弱くなっていきます。一方、重粒子線は特定の深さで大きなエネルギーを放出する性質を持っていて、そのエネルギーのピークを「ブラック・ピーク」と呼んでいます。正常細胞への影響は少なくしながら、がん細胞に重粒子線のエネルギーを集中させることができるので、従来の放射線や陽子線の2~3倍の破壊力があります。

早期発見、早期治療のために、検診を受診ください。


  • アクセスマップ
  • スタッフブログ
  • お客様の声

アーカイブ

超保険

「東京海ジョー」は東京海上日動のキャラクターです。
「あんしんセエメエ」は東京海上日動あんしん生命のキャラクターです。