暮らしの豆知識 (6月は和菓子と縁(えにし)が深い月)

平安時代の旧暦6月1日、氷室から切り出した氷を食べて暑気払いをする貴族の風習にちなんでいるそうです。

そこに邪気を祓うといわれる小豆を乗せて無病息災を願ったお菓子が水無月です。

時代が下って鎌倉時代の後嵯峨天皇が、旧暦6月16日に通貨16枚でお菓子を買って献じたことが吉事として伝わったようです。

そのため今も6月16日が「和菓子の日」に制定されています。

 

水無月というお菓子ができたのも、和菓子の日が今に伝わったのも、大事な人が健やかであって欲しいという思いからです

その思いを目に見える形にしたのが保険だと思われます。大切な人を守るための保険商品を是非慎重に選んでいただきたいです。

 

担当 松浦


  • アクセスマップ
  • スタッフブログ
  • お客様の声

アーカイブ

超保険

「東京海ジョー」は東京海上日動のキャラクターです。
「あんしんセエメエ」は東京海上日動あんしん生命のキャラクターです。